四海の外に遊ぶ

http://arcella.blog.fc2.com/
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 思いつきメモ
CATEGORY ≫ 思いつきメモ
       次ページ ≫

おそらく禊のようなもの


去年からずっと大きめの絵が描きたいと思いながらも、描きたい題材やテーマが思いつかずにくすぶる状態が続いていたのが、先日のある個人的なできごとをきっかけに、ようやくはっきりとそれが見えたような気がする。
飛竜ヴィアトルを主人公にした絵は、時代の特定がない漠然とした諸行無常感を背景としているが、今描きたいと思ったのはそれよりもだいぶ私的な、自分が生きてきた短い時代の流れの中で消えていこうとしているものへの思い出だった。
今年は自分にとっての子供時代の記憶のよすがや好きなものが複数消えたり、お世話になった人々が去っていくことがすでにわかっている。そこに予期しない別れの知らせが加わったことが自覚の引き金になったらしい。
消えて二度と思い出せなくなる前に、今の感情を反映した絵を描くことで保存しておかなくては。

最近よく作業BGMとして、VaporwaveやSynthwaveと呼ばれるジャンルの音楽を聴いている。
特に80年〜90年代生まれの人にとっては耳にするとなんともいえず懐かしい感覚を思い起こさせるジャンルのようで、自分もその内のひとりだったようだ。
Googleで画像イメージを表示すると、チープなローポリのCG、ネオンカラー、リゾート、楽観的な未来への希望の象徴などなど、確かにあの頃を思わせて懐かしい。テーマパークや豪華な建築が数多くあったバブル時代の勢い、インターネット黎明期の探検感。
そのVaporwaveのアイコンの中に含まれるヤシの木や水色の室内プールを目にしたことで、これもまた去年あたりから育っていた謎の「華やかなりしあの頃の室内プールを探して巡りたい」という欲求が、今こそ実現しなくてはならないものとして迫ってきた。
子供の頃によく行っていた、大型商業複合施設だった今はなきホテルのプールを、なぜか今また見たくて仕方がない。それも当時は跡形もなくなるとは思ってもいなかったため、写真も少ししか残っていないのだ。
自分にとって大空間の室内にあるプールは、子供時代の記憶であるとともに遺跡や神殿、アトランティスを連想させるものである。懐かしいものとの別れをひかえて巡礼に行きたくなっているのかもしれない。
色々調べて、雰囲気や照明、空間の構成が似ている場所を見つけることができたので、近いうちに行ってみたいと考えている。
それが実現できたら何かが見える気がしている。根拠はないけれども。

ものと思い出

遍歴の仏師
行く先々で像を彫る彷夢

Travelsに「近畿旅行2015」追加しました。
が、使えない写真が多かったため内容も薄くなってしまいどうにも面白みがありません・・・。
今週末に行く旅行ではちゃんとメモをとっておこう。

吾が意空に消ぬとも

地元だったので気になって応募してみていた麻植神話キャラクターコンテスト、
残念ながらまあ選外でしたのでここで供養していこうと思います(←仏教用語・・・)


オオゲツヒメ

「おおげつひめ(大宜都比売)」
イメージカラー:桃色  植物を愛する穏やかで心優しい性格
穀物の実りを司る神なので、花のような色の衣装をまとわせました。
頭飾りは稲穂がモチーフで、手には粟の穂を持っています。


名前や神話中の役割がいまいちアレで気の毒なので、そのイメージを払拭できるようなかわいらしい感じにしたかった・・・。


イザナミ

「いざなみ(伊耶那美)」
イメージカラー:竜胆色  威厳ある母親のような落ち着いた性格
創世神なので衣装なども他の神とは違う異質な雰囲気を持たせました。
イザナミ・イザナギの「ナミ・ナギ」が蛇を表すとする説、
また中国神話の半人半蛇の創世神・女媧(じょか)と文化上の関係があるという説から、
目は少し蛇っぽくし、衣装には日本の文様で蛇・竜を意味する三角形と菱形をちりばめました。
手には国産みに使った天沼矛(あめのぬぼこ)を持っています。


イザナギ・イザナミ蛇神説を推す。
どういうわけか世界の始まりにはたいていちょっと怖い竜蛇の女神がいるもんだ。


アメノヒワシノカミ

「ひわし(天日鷲神)」
イメージカラー:柿色  勇敢で面倒見のいい性格
天日鷲神という名前の文字の連想から、鷲を思わせる風貌にしてみました。
名前をもらったきっかけとなった鷲の羽を身につけています。
製紙の神でもあるということで、手には紙と羽筆を持たせました。


鷲鼻に鷲羽根でなんとなくネイティブアメリカンな雰囲気に。


フトダマ

「ふとだま(布刀玉命)」
イメージカラー:天色  占いが得意な物静かな性格
名前からの連想と、岩戸からアマテラスを誘い出せるかを太占(ふとまに)をして占ったという話から
占い師のように玉飾りを身につけたデザインを考えました。
手には占いに使うための鹿の肩の骨を持っています。


太占とは鹿の骨をあぶって出たひびの形を読むものらしい。


サルタヒコ

「さるたひこ(猿田彦)」
イメージカラー:常磐色  豪快で頼もしい性格
容姿が天狗の原型になったという説から、山伏や修験者のような格好をしてもらいました。
ニニギノミコトの道案内をしたことから旅人の神、道の神として祀られたりしているということで
見かけは怖いが親切なおじいさんといった雰囲気を出せるようにデザインしてみました。
手には天狗の持ち物である葉団扇を持っています。


編纂でアマテラスが太陽神とされる前にはサルタヒコがその役割についていたのでは?
つまり日本人はもともとは太陽を男神と見ていたのでは?という説が興味深い。


遠目からでも映えるよう、5人そろって戦隊もの!みたいなカラーリングを狙ってみたのでした。
せっかくなのでまた何かの機会に形を変えて登場させたりするかもしれません。

雲水僧のホウム

ホウム

若者なのか年寄りなのかも窺い知れない無口な行者

韋駄天のニンブ

ニンブ

元ネタのスズメガの飛行速度は50km/時・・・ということで100メートル走7秒2くらいの駿足