四海の外に遊ぶ

http://arcella.blog.fc2.com/
2014年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

北方のユハ

ユハ
ユハの名はタタール人が伝える竜の名前からとっています。
Wikipedia英語版の方が日本語版よりほんの少し詳しかったのでそっちをリンク →Yuxa

100年以上生きた蛇がなり、竜の頭と爬虫類の体とトゲ付きの尾を持ち二足歩行する、炎を吐き咬まれると毒がある、
子孫を得ようと人間を誘惑するため、あるいは単なる気まぐれで美男美女に化ける・・・とのことですが登場する話を見つけられないので具体的な姿もよくわからず、ほぼ名前だけ借りた形です。

まだ100年も生きてないし化けた容姿もごく平凡、
元の姿はごつい印象を与えるけれども素直で穏やかな性格・・・という感じ。
こういうのを文章で書くのも野暮なので、後々漫画か何かで表現できたらいいですね。
スポンサーサイト

風を読む

weathervern.jpg

現在制作中の作品イメージ

目は心の窓

ユハでよくある人外の目の表現いろいろ

白目あり
1. 白目の面積が大きいタイプ
 →わかりあえそう、ひょうきん、人間っぽい印象

黒フチドリ
2. 白目の部分が黒いタイプ
 →対立しそう、腹黒そう、悪役っぽい印象

白目無し
3. 白目の部分がないタイプ
 →目的が一致すれば協力関係になれそう、感情に素直そう、獣っぽい印象

瞳孔無し
4. 白目も瞳孔もないタイプ
 →わかりあえなさそう、表情が読めない、神っぽい印象


必要に応じて人の形を取ったり、人間を警戒しながらも穏便に付き合っていきたいと考えているこの創作の世界観での竜の性格的に、1の人間っぽい目のデザインをとっています。
にしても、どうして人間は動物の中でも目立って白目が大きいんでしょうかね。
コミュニケーションをとる上で表情を読み取るのに便利だったからとかだろうか。

晩夏の思い出

サンゴと

海を眺める

Travelsに「沖縄展示&旅行2014」追加しました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。