四海の外に遊ぶ

http://arcella.blog.fc2.com/
2022年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2022年03月
ARCHIVE ≫ 2022年03月
      

≪ 前月 |  2022年03月  | 翌月 ≫

修了証書

IMG_2092.jpg

先日、修了証書や学芸員資格証書を頂戴してきました。
舞台に上がって受け取らなければならない段取りになったため慌てて寄せ集めのフォーマル服で出るのを予定していたら、クロゼットにあると思いこんで着るつもりだった服がなかった・当日髪飾りを忘れる・式直前にブローチが壊れるなど様々なトラブル(ほぼ自業自得)があり、呆れるほど地味な格好で臨む羽目になってしまいました。
私は別に構わないんだけれども、やる気のない自分を飾ろうとあれこれ貸してくれた家族は怒っただろうな…
発表の時のカメラON事件といい今回といい、これは「お前はうわべを取り繕ったところで無駄なんだから素で勝負していけ」という思し召しだと解釈しておきます(反省せい)

ああとうとう終わってしまった。
コロナ始まってからの入構できない日々はどうなるかと思いましたが、オンラインでの打ち合わせはかえって便利で安心できたし、今回制作した作品も幸い工具や機材が必要なものではなかったこともあって自宅で進めることができたし、タイミングや環境に恵まれていたなと思います。

IMG_2095.jpg

手渡されるまで知らなかったのですが、大村智賞という賞も頂いていたようで大変ありがたいことでした。
あまり表に出さないように気をつけてはいるものの私は相当にネガティブな性格で、自分に都合のいい事実はすべて無いもの・運・よしみの情けと考えてしまう癖があり、正直自分の作るものやしていることがこうした評価に値するとはまだ素直に思えないところがあります。改善するべきことや至らない部分は自分が一番わかっているせいもあり…
でも関わった方々が確かに応援してくれているという事実だけは忘れることなく真摯に受け止めて励みにしたいと思います。ほうぼうから頂きっぱなしで来てしまっているのも心苦しいし、早く自分からも何かお返しできるようになりたいものです。

今後も色々ご報告などできるよう動いていきたいと思います。
ひとまず4月に学内施設ながら絵や本の実物展示ができることになったので、詳細が決まったらこちらでお知らせいたします。
2月にオンラインで展示した本の内容も現在内容を推敲しているため、サイトでの作品展示は来月以降になってしまうかもしれませんが、そちらもまた上げられるよう進めていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_2101.jpg
賞の名前に恥じないようにね…

ひな祭り2022

だいぶ日差しが春めいてきたのを感じる今日この頃です。
先日、なんだかんだ毎年足を運んでいる勝浦のひな祭りの展示を見に行ってきました。

hina01.jpg

hina02.jpg

hina03.jpg

hina04.jpg
見るたび面白いデザインだな〜と気になる天冠

hina05.jpg
楽器のミニチュアがかわいい

hina06.jpg
この地域で獣脚類が発掘されたことから恐竜を町おこしの素材にしているようです

hina07.jpg
ということもあり恐竜ファッションの童子たち

hina08.jpg
今年の時事ネタコーナーはカーリング 箒と餅!

hina09.jpg
余った桃橘や宮でジオラマが作られている

hina10.jpg
足を伸ばして坂本八幡神社にも

hina11.jpg

hina12.jpg
階段がひな壇代わりに

hina13.jpg
何やら珍しい姿が

hina14.jpg
木彫りの恐竜が鎮座している 夢が広がる羽毛恐竜

このように田舎らしい手作り感あるゆるさと混沌みがいい味を出していて、私はなんとなく毎年見に行きたくなるのです…。

hina16.jpg
ビッグひな祭り会場では募金すると余った小物を選んで引き取ることができます。
弓、烏帽子、茶器、牛車、箪笥など様々なものが並んでいてなかなか楽しい。
その中にミニチュア天冠があったので2種類いただいてきました。

天冠は舞楽や行事の場では天人や貴人の象徴として身につけられますが、幽霊が頭につけている三角の白い布のことも指すのだとか。
白装束に天冠というのは日本独自の仏教の習慣とされているようですが、死者に(簡略化しているものの)高貴な者を模した服装をさせるという発想はなんとなく道教由来っぽい感じがしますね。

hina17.jpg
君はちょっと被れんね〜